1. 好きを仕事に!憧れのアパレル店員

好きを仕事に!憧れのアパレル店員

好きを仕事に、オシャレを仕事に!

ファッションが何よりも好き。

そんな人は、アパレル店員になることによってその好きを仕事に変えることができます。

どんな待遇よりも、自分らしく働きくことをまず優先したい人に向いている職業と言えるでしょう。

その仕事内容に憧れている人も多く、若い女性を中心にイメージの高い職業です。

好きなことで働くメリット

好きなことを仕事にするメリットは、主に2つ挙げることができます。

まず1つは、仕事が嫌になって離職をする心配が少ないこと。

辛いだけの仕事なら辞めたくなるのも無理はありませんが、そこに「好き」という要素を足すだけで大抵のことは苦にならなくなります。

仕事はやらされるのではなく、自分から動きたいという人にとっても、この点は大きいです。

そしてもう1つのメリットは、最初からその仕事に関する知識をある程度は持っているということです。

これまで全く関わって来なかった業界に入るとなると1から仕事を覚えなくてはいけませんが、元々好きでやってきたことを仕事にするならば話は別です。

しかも仕方なく学んできたのではなく自分から貪欲に身に付けていったものなのですから、その知識は活き活きとしています。

もちろん知識だけあればいいのではなく接客スキルなども必要になりますが、すでに接客業の経験もある人なら即戦力になることが可能です。

アパレル店員の年収は?

アパレル店員全体の平均年収は300万円程度となっています。

店長やエリアマネージャーにキャリアアップすれば、もちろん給料は上がります。

またボーナスの有無は会社によっても異なりますので、希望している人は応募をする前によく確認しておくことが必要です。

アパレルで働くのに年齢制限はあるのか?

アパレル店員は若い。

そのようなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

これに関しては、その店のイメージや対象年齢にもよります。

たとえば20代30代をメインターゲットとしている店なら、店員も同じくらいの世代の方がより身近なアドバイスをすることができますし、ブランドイメージにも合います。

また百貨店にあるアパレルショップなら、40代50代の店員も珍しくはありません。

自分の年齢と店のターゲット年齢が離れてきた時には、他の店に移ったり本社勤務になる人もいます。

若者向けの店で、現在20代の人が定年になるまで最前線で働くというのは少し難しいでしょう。

なるべく長くこの業界で働きたいという人は、20~50代まで幅広く募集しているアパレル求人を探しましょう。