インテリアコーディネーターってどんな仕事?

インテリアコーディネーターは、住宅メーカーやデザイン事務所で活躍をしている職業です。

家具や照明といったインテリア、またそれらのレイアウトなどお客様がより快適に過ごせるための住空間作りをサポートする仕事です。

お客様のご希望のやご事情を把握するヒアリング。

ヒアリングの情報を参考にして作り上げるプランニング。

そして資料を作成しお客様に提案を行うプレゼンテーションなど、仕事内容は多岐にわたります。

聞く・作る・伝えると、デザインだけではなく総合的なスキルも求められる職業と言えます。

どんな人が向いているの?

この仕事にに向いている人はどんな人なのか。

まずは、デザインセンス。

これは素質による所も大きいのですが、勉強次第で磨いていくことは可能です。

またヒアリングやプレゼンテーションなどお客様と直接関わる機会の多い仕事なので、コミュニケーションのスキルも必要になります。

書類の作成など事務仕事も多いため、きっちりとしており細かい作業が得意な人に向いています。

このように求められるスキルが多くて大変な仕事ですが、お客様が何十年も過ごすことになる住空間に関わることにやりがいや喜びを感じられる仕事です。

資格取得は必要?

資格は必須というわけではありません。

しかし現役で働いている多くの人は、インテリアコーディネーター資格試験に合格をしています。

この試験は毎年1万人程度が合格をしており、率にして受験者の20~25%程度。

資格を持っていることで箔がつきますし、転職においても有利になります。

また勉強を行う過程で必然的に知識も身につきますので、無駄になることもありません。

学歴は必要?

学歴は必ずしも求められらるものではありません。

ただ大学や専門学校でデザインや建築を学んでいると仕事にも活かせますし、面接でも有利になるでしょう。

また、インテリアコーディネーターの求人によっては四年制大学の卒業を必須としている場合もあります。

年収と独立について

給料も仕事選びの大事な要素。

インテリアコーティネーダーの場合は、350万円~400万円程度が平均年収となっています。

独立をすれば、さらに収入を上げることもできます。

いきなり独立をすることも不可能ではありませんが、まずはどこかの正社員でキャリアを積み重ねることが一般的な方法です。

安定性のある正社員で働き続けるか、リスクがあっても高収入を狙える独立に挑戦するか…。

どちらが正解ということはありませんが、独立をする場合は綿密な計画が必要です。

  • 1